青汁ならケール100%「農家の青汁」
生産者の顔が見える・産地が明らかな無添加安心の青汁
こんな方へお勧め

若い女性の半数以上が葉酸不足の傾向。主な原因は、ダイエットを気にし、食事を少なくするため栄養が十分にとれないこと。また出来合いのお弁当やファーストフード中心で野菜類をあまりとっていないこと。葉酸の所要量は最低1日摂るべき量が200μg と言われていますが、1日の所要量に達していない女性が約55%もいるそうです。葉酸とはそもそも細胞が分裂して新しく増殖する時や赤血球が増殖する時に必要不可欠なビタミンの一種です。ということは、体を作る上で重要な葉酸が不足したままだとどうなるのでしょうか!? 恐ろしいことに、健康な赤ちゃんを産めない可能性もでてくるのです。妊娠前後の女性は、通常の2倍の400μg必要と言われています。ケールには、他の野菜に比べて葉酸(農家の青汁1袋で27μg)が特に多く含まれています。葉酸をより多く吸収するにはビタミンCが必要ですが、これまたケールには他の野菜よりも数倍ものビタミンCを含んでいます。ブロッコリーの1.5倍、レモンの1.6倍です。
ケールには、カルシウムがたっぷり含まれています。カルシウムの多い野菜は、ほうれん草・キャベツ・にんにくと言われていますが、ケールと比較すると、その違いは一目瞭然。ケールは、ほうれん草の約4.5倍、キャベツやにんにくの約5倍。牛乳の約2倍です。ケールの良質なカルシウムを毎日ご愛飲いただければ、骨の老化である、骨粗鬆症の予防に、お役に立ちます。
活性酸素によるダメージは、年をとるほど蓄積されますが、このメラトニンは免疫力を高め、細胞の損傷と視力の衰えを防止するのに効果があると言われています。
血液を浄化する働きにより、清潔な細胞が形成され、アトピーなどの皮膚炎の予防に効果があると言われています。
体内のコレステロールを排出する働きがあると言われています。
葉酸の不足してる人に動脈硬化が多いという調査結果が出ています。従来、動脈硬化は、コレステロールや中性脂肪などが、原因だといわれてきました。ところが最近、葉酸などの不足から増える危険因子が注目され始めました。ホモシステインという物質ですが、葉酸が不足するとこれが過剰になり、肝臓から血中に流れてしまい、悪玉コレステロールを酸化して血栓の元を作ってしまうのです。血中のホモシステインは、年齢とともに上がってきます。特に女性は閉経後、性ホルモンの関係で極端に濃度が上がるので、葉酸やビタミンB6、B12の積極的な摂取が必要といわれています。ケールには、他の野菜に比べて葉酸(農家の青汁1袋で27μg)が特に多く含まれています。人参やトマトの約5倍、キャベツの約1.5倍です。ブロッコリーとは同じくらいですが、葉酸をより多く吸収するため必要なビタミンCはブロッコリーの1.5倍、レモンの1.6倍です。
食物繊維を大量に含んでいますので、腸の働きを活発にし、体内の老廃物を排出すると同時に、血行を良くする働きがあります。食物繊維の量は、にんにくやブロッコリーと同じくらいですが、ほうれん草の約1.3倍、人参の約1.5倍、キャベツの約2倍です。便秘解消はダイエットになりますし、当然、お肌も綺麗になってきます。
目の痛いのは本当に鬱陶しいですね。あれこれと鎮痛剤を飲んでも一時しのぎみたいなもので、なかなか根本的に良くなりません。目の痛いのは、それも激痛などが起こる場合は、マグネシウム不足が原因のことがあります。マグネシウムは、野菜ではケールとほうれん草に多く含まれます。他の野菜類は多くてもケールの1/3程度です。私はケールを飲んですっかり良くなりました。一度お試しください。
青汁に含まれる多量のカリウムが、ナトリウムなどと結合することで、老廃物を対外に排出し、血圧を下げるといわれています。
農家の青汁は、そのままお飲みいただいても、十分飲みやすい生野菜ジュースです。
その他の飲み方としては
 @牛乳やジュースで割って飲む
 Aヨーグルトやプリンに混ぜて
 Bスープに混ぜて暖めて
 Cドレッシングに合わせて
 Dホットケーキ等生地に混ぜて
「農家の青汁」は品質を維持するために冷凍されて送られてきます。
 @冷凍庫で保管する
 A冷蔵保存は、2日以内に
 B水又はぬるま湯で解凍する
 C電子レンジでの解凍は×です
 D解凍後は、すぐ飲むように
 E再冷凍はおやめ下さい。
★がんから身を守る食べ物ってご存知ですか?毎日新聞に出ていた記事です。農家の青汁の原料であるケールにはこれらの野菜に含まれているがん予防成分がバランスよく含まれています。 
農家の青汁成分表
たんぱく質 0.9g/100g  
脂質 0.3g/100g  
糖質 1.9g/100g  
エネルギー 14kcal/100g スポーツドリンクなみ
食物繊維 1.2g/100g ほうれん草の1.5倍
ナトリウム 28.6mg/100g ほうれん草の1.4倍
カルシウム 118mg/100g 牛乳の10倍
カリウム 106mg/100g  
総カロチン 1.4mg/100g ニンジンの3倍
ビタミンA効力 780IU/100g  
β-カロチン 1.4mg/100g ブロッコリーの8倍
葉酸 27μg/100g